<< 職業欄はエスパー (角川文庫) | main | Skyjack! (Oxford Bookworms Library) >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.05 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)

分子生物学の学説史をエッセイ風に解説した本。研究者たちの息遣いが聞こえてきそうで、本当にスリリングだ。
帯には、森達也の推薦文が。なんと超能力的な偶然!

スポンサーサイト

  • 2010.09.05 Sunday
  • -
  • 14:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM