<< 生活 1 (1) | main | イントゥ・ザ・ワイルド >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.05 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

ノーライフキング (河出文庫 い 18-1)

評価:
いとうせいこう
河出書房新社
¥ 599
(2008-08-04)
トレンディー・キー・パーソンというわけのわからない人物が登場する。怪しげな御託をファックスで送ってくるのだ。
ええWEG(ワールズ・エンド・ガーデン)でも言っているとおり、トレンディー・キーパーソンは世紀末へのヘボ予言者じゃなく、世界を絶えず更新するクリエイターであるべき存在なんです。(p.116)

大塚英志が『おたくの精神史』でいとうせいこについてこんなことを書いている。
当時この「都市伝説」への関心を最も露骨に示したのが実は広告代理店だった。手許に実物が残っていないのではっきりしないが、八九年には電通が発行するマーケティング雑誌が噂話について特集を組んでおり、ぼくはその雑誌の対談でいとうせいこうと会っている。ちなみにぼくが彼とあったのはその時一度きりであり、別れ際、いとうが「何かおもしろい情報があったらファックスを下さい」と言ったのが印象的だった。今ならメールください、という感覚だろう。ぼくの自宅にはまんがのネーム(台詞の部分)を印刷所に入稿するためにファックスが入ったばかりだったが、彼のようにファックスで情報のやり取りという思考はぼくにはなかったので、少し驚いた記憶がある。
 だから今にして思えば、いとうの何気ない一言の中に当時の「都市伝説」への視線のあり方が端的に現れているようにも思う。(pp.257-258)

スポンサーサイト

  • 2010.09.05 Sunday
  • -
  • 21:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM